病気を未然に防ぐ|脳動静脈奇形は予防できる!健康診断の脳ドックで早期発見を目指す

京都の病院に通って、若いうちから脳ドックを受ける習慣をつける

病気を未然に防ぐ

診察

脳ドックで発見される病気

将来的にクモ膜下出血に繋がる脳動脈瘤の発見ができるのが、脳ドックの素晴らしい点です。脳動脈瘤は、未破裂の状態なら命の危険はありません。しかし一旦破裂してしまうと、生存率はおよそ30%ほどになってしまう恐ろしい存在です。生き残れたとしても重い障害に苦しめられることになるので、早めに脳ドックには行っておくのがいいですね。未破裂状態の脳動脈瘤を発見できれば、命が助かったも同然です。他にも、脳梗塞の危険性があるかも事前に分かりますし、脳動静脈奇形という病気も発見できる可能性があります。脳の病気はどれも下手をすると命に関わるので、これらの病気を発見することは、そのまま寿命の伸びに繋がります。どの病気も早期発見できれば怖いものではないので、早め早めの検査を心がけましょう。

検査に必要な費用

気になる脳ドックの検査費用ですが、これは病院によってまちまちです。また、どのような検査が含まれているのかでも費用は大きく変わってきます。地域によっても多少の差は出るでしょうね。東京の大病院なら高くなり、京都あたりの中堅病院ならコストパフォーマンスはよくなる可能性があります。あまりにも田舎過ぎると、脳ドックを行える病院がないということにもなりかねないので、その点は注意です。一般的に費用は五万円から十万円程度だと言われています。保険が適用不可なので全額自己負担になりますが、それで命が助かるのかもしれないのですから高いとは言っていられませんよね。検査項目を絞れば、三万円以下で受けることもできます。お金がない場合は、MRIとMRAだけにしてコストを圧縮するのもいいかもしれません。

30代から受けておくようにしよう

脳梗塞やクモ膜下出血の予兆は、実は若いうちからすでに目に見える形で現れていることが多いです。特にクモ膜下出血の場合には、それなりのサイズの脳動脈瘤が若いうちからできているはずなので、それを見つけられるかどうかが重要になります。大きな病気をしないとなかなか病院に行って脳を検査することはありませんよね。脳動脈瘤は自覚症状がないままに大きくなっていくわけですから、放置してしまって最後には破裂ということになってしまいます。脳ドックにさえ行っておけば助かったのにと後悔をしても遅いのですから、早め早めに検査はしておきましょう。30代からの検査が推奨されています。これは、30歳を超えると徐々に脳の内部も劣化が始まっていくからです。予兆がこの頃から現れ始めるので、そのタイミングでの検査をしておくのがベストなのです。

脳ドックで行われる主な5つの検査項目

脳を輪切りにして画像化できるMRI検査

MRI検査は有名ですよね。脳ドックの中でも主役級の検査であって、これで脳動脈瘤があるかどうかもはっきりします。何しろ脳内の太い血管をほぼすべて目視できるようになるので、見ただけで脳動脈瘤があるかないかが分かります。

MRAなら脳内の血管の3Dモデルを作れる

磁気共鳴という技術を応用する点でMRAはMRIと似ています。しかし、MRIが輪切り状の画像しか出力できないのに対して、MRAは脳内の血管の精巧な3Dモデルを作ることができます。脳動静脈奇形の絡まり具合まで目視できるようになるのは便利ですよね。

脳波測定で痴呆症の可能性まで見えてくる

脳波測定という手法を使えば、てんかんの気があるかどうかも理解できるようになります。他にも、痴呆症の気があるかどうかまで分かります。脳は電気信号を発しながら活動をしているので、脳のどこが活動をしていないかを把握できるわけです。

血液検査をして血中成分から危険性を予測する

脳ドックでは、脳ばかりを見ていくのではありません。他の部分を調べて、脳に異常が発生していないかも推測していきます。血液検査をして血中の成分を調べる手法はよく使われていますね。脳卒中になる可能性が高いか低いかも、血中の成分によって大体分かるのが現代医学です。

尿検査で糖尿病の疑いがないかもチェック

糖尿病になると、それが原因で動脈硬化を引き起こしやすくなります。ですから、その危険性がないかどうかもチェックします。尿検査をして糖尿病ではないか調べていきます。これも脳とは直接関係がない検査だと思うかもしれませんが、重要性は非常に高いと言えますね。

合わせて読むべきオススメ記事

診察

病気を未然に防ぐ

命に関わることも多い脳の病気は、脳ドックに行って各種検査をしてもらうだけで早期発見が可能です。怖い病気でも、早期に発見ができていればいくらでも対処のしようはあります。費用もそれほど高額というわけではありませんから、30歳を過ぎたあたりで一度行っておくことが推奨されています。

READ MORE
病院

気になる箇所を指定

体調不良に悩んでいるなら、大阪で健康診断を受けることをおすすめします。さまざまな検査を受けられますので安心です。未然に疾患を防ぎたい方にも、健康診断は最適です。早く発見すれば、治療期間が短くて済みます。

READ MORE
医師と患者

再発防止を考慮して治療

脳動静脈奇形は生まれつきの病気で自覚症状がわかりにくく、出血を起こすと脳に深刻なダメージを与える恐れがあります。しかし、一旦発見されれば、出血の危険性や病変の大きさ、体への負担などに応じた治療を受けることができます。

READ MORE
医師

自分に最適な検査を受ける

脳梗塞やクモ膜下出血という重篤な病気も、脳ドックに行けば早期発見が可能です。MRIやMRA検査で、こうした怖い病気のほとんどは発見することができるのです。費用は五万から十万ほどとリーズナブルなので、定期的に検査をするのが一番です。

READ MORE
広告募集中