自分に最適な検査を受ける|脳動静脈奇形は予防できる!健康診断の脳ドックで早期発見を目指す

京都で半日あれば受けられる!定期検査で命を守る脳ドック

京都にも脳ドッグに対応しているクリニックがある!

京都は人口250万オーバーの大都市です。したがって、規模の大きな病院も多数存在しています。中には脳ドックに対応している病院もあるので、頭の検査をしたいときには行ってみるといいでしょう。脳ドックに対応している病院の数は50以上あります。どれも同じというわけではありませんから、よく調べて自分に合っていると思えるところで検査してもらうのがいいでしょう。検査項目が少しずつ違っているので、あらかじめどんな検査をしてもらえるのか調べてから申し込む必要があります。

脳ドッグで人気のある検診・ベスト5

no.1

ほとんどの病院で行うのがMRI検査

MRI検査は、ほとんどの病院が行っています。脳ドックのコースを何かしら選べば、まずこのMRI検査はすることとなるでしょう。むしろこれを目的として脳ドックを受ける人が多いです。脳腫瘍など、脳の組織の異変にすぐに気づくことができます。脳出血等も視覚化できるので、異常を発見できる確率は高いです。

no.2

脳内の血管を見ることのできるMRA

MRAも、MRIと並んでメジャーな検査の一つです。これも、多くの脳ドックコースが含有している検査となります。MRIは脳の組織を詳細に視覚化しますが、こちらは主に脳内の血管を視覚化します。脳動脈瘤の発見もできるので、これも外せない検査に違いありません。

no.3

動脈硬化が発見できる頸動脈エコー

頸動脈エコーの人気も割と高いです。動脈硬化の恐れがあるときには、この手法を使って問題がないかチェックしていきます。非常に簡便な手法で異常があるかないか判断ができる点も歓迎されていまいす。高齢化すると動脈硬化の危険性が増しますから、頸動脈エコーは特に高齢者に人気の手法です。

no.4

脳波の測定も比較的人気が高い

MRIやMRAでは発見しにくい病気もあります。たとえばてんかんや痴呆症ですね。痴呆症は脳萎縮が起こっているならMRIでも発見できるのですが、軽度なものは発見がしにくいです。脳波を直接調べてみれば、画像では分からないことも見えてきます。

no.5

血液検査からも分かる事が多い

直接脳を調べる方法ではないのですが、脳ドックでは血液検査をすることもあります。脳の中の異常も、血液の成分の変更を伴うことが多いので、血液検査だけでも相当なことが分かります。糖尿病や脳卒中、がんや動脈硬化の危険性が、血液を調べるだけで分かるのはすごいですね。

自分に最適な検査を受ける

医師

検診で必要な費用を確認

一口に脳ドックといっても、様々なコースがあります。半日で終了する簡単なコースもあれば、入院をして数日かけて詳細に調査するタイプのコースもあります。検査項目も病院によっては違いますし、同じ検査をするのでも使う機器が違ってくるケースはままあります。ですから、費用はいくらかかると断言することはできません。ただ、軽いコースなら五万円前後が相場になってきています。入念なコースなら十万前後が相場です。もちろん上を見ればきりがないのですが、一般的にはそうお金のかからないものだと言えそうです。

病院の施設や設備も比較しておくと安心

病院によっては、使う機材が全く違ってきます。同じMRI検査だと言っても、MRI装置に差が生まれている可能性もあるのです。装置は何も一つではありません。古いものもあれば、最新型のものもあります。もちろん、最新型にはそれなりにメリットが用意されています。似たようなコース内容の脳ドックも、機材で見れば優劣は付けられることでしょう。機材面も比較しておけば完璧です。

脳ドックは定期定期的に受けることが大切

脳ドックは、一回受ければそれで終わりという性質のものではありません。できれば、定期的に受けたいものですよね。脳梗塞やクモ膜下出血はいつ起こるか分かりませんし、起こってしまうと命に関わることも多いです。検査さえしておけば助かるわけですから、お金が多少かかっても頻繁に検査はしておくのがベストです。厄介な病気も早期発見できれば、それほど怖くありません。

合わせて読むべきオススメ記事

診察

病気を未然に防ぐ

命に関わることも多い脳の病気は、脳ドックに行って各種検査をしてもらうだけで早期発見が可能です。怖い病気でも、早期に発見ができていればいくらでも対処のしようはあります。費用もそれほど高額というわけではありませんから、30歳を過ぎたあたりで一度行っておくことが推奨されています。

READ MORE
病院

気になる箇所を指定

体調不良に悩んでいるなら、大阪で健康診断を受けることをおすすめします。さまざまな検査を受けられますので安心です。未然に疾患を防ぎたい方にも、健康診断は最適です。早く発見すれば、治療期間が短くて済みます。

READ MORE
医師と患者

再発防止を考慮して治療

脳動静脈奇形は生まれつきの病気で自覚症状がわかりにくく、出血を起こすと脳に深刻なダメージを与える恐れがあります。しかし、一旦発見されれば、出血の危険性や病変の大きさ、体への負担などに応じた治療を受けることができます。

READ MORE
医師

自分に最適な検査を受ける

脳梗塞やクモ膜下出血という重篤な病気も、脳ドックに行けば早期発見が可能です。MRIやMRA検査で、こうした怖い病気のほとんどは発見することができるのです。費用は五万から十万ほどとリーズナブルなので、定期的に検査をするのが一番です。

READ MORE
広告募集中